木地師・塗師・鋳物師・錺(かざり)師・鍍金師・彫り師・彩色師等の国内屈指の専門職人が真心を込めてそれぞれの部位を製作しています。
まず岡田屋布施の神輿職人が、どのような神輿を製作するかを立案・企画します。この企画の際、屋根のデザイン、彫刻のバランス、漆の色や量、錺り金物や鋳物のデザインを話し合います。
木地師職人との打ち合わせ。神輿のデザインはここまででほぼ決まります。
木地師職人が神輿の木地本体を製作します。
木地本体が出来上がり次第、屋根などの漆塗布部位は塗師のもとへ運び、鋳物師に鋳物の製作を、錺(かざり)職人に錺り金物の製作をそれぞれ依頼します。
彫刻に用いる木地を彫り師のもとへ運び、細部のデザインまで徹底して相談し、より良いものを製作します。
出来上がった、鋳物・錺(かざり)金物を鍍金(ときん:メッキの意)師のもとへ運び、鍍金掛けを施します。
鍍金を掛けた鋳物・金物、彫り師による彫刻を本体に取り付けます。
漆を塗った屋根を本体に設置します。
全体のバランス・柱の締まり具合などを調節し完成。
世代を超えて使い続けるお神輿。岡田屋布施では最高の技術を持って、最高の逸品をお届けしております。後の世代に感謝されるお神輿を是非お選び下さい。
また、より良いものをよりお求めやすくをモットーとしております。是非ご来店の上、お気軽にご相談下さい。

 

 

画像をクリックして下さい。拡大写真をご覧頂けます。
画像をクリックして下さい。拡大写真をご覧頂けます。

深い味わいの漆黒と鮮やかな朱漆が絶妙な美しさを織り成す総漆塗りの神輿です。
漆は屋根・鳥居・井垣・階段・扉・台輪に満遍なく施され、斗組みには豪華な金箔があしらっています。
小型サイズながらも全く手を抜かず、細部にまでこだわった逸品中の逸品です。

一尺三寸 金:四百三十万円也
株式会社岡田屋布施
東京都台東区雷門1-16-5
TEL:03-3841-1867
FAX:03-3842-6493

□□□□Copyright 2016 Okadayafuse Corporation All rights reserved.□□□□